医療法人 桜翔会 中辻医院

奈良県吉野郡大淀町桧垣本104-2
0747-52-8586

当院の紹介

医療機器紹介

16列マルチCT東芝 Alexion

16列マルチCTの写真

放射線をを利用して体内を調べる断層診断装置です。
頭部の出血等の緊急時にもわずかな時間で検査が出来ます。

CRコニカ レジウス 190

CRの写真

X線撮影した画像を読み取るデジタルX線画像読取装置です。

DR東芝 Winscope 2000

DRの写真

フィルムを使用しない、デジタルX線テレビです。
X線透視画像を撮影します。

X線撮影装置東芝 KXO-32S

X線撮影装置の写真

一般レントゲン撮影装置です。

骨密度測定器古野電気 CM-200

骨密度測定器の写真

超音波骨密度測定装置です。
右足かかとで2分で測定できます。

PACSサーバーコニカ I-PACSEX

PACSサーバーの写真

デジタル画像を送るためのPACSサーバーです。

画像表示用モニターEIZO Flex Scan

画像表示用モニターの写真

診察室の画像表示用モニターです。

超音波診断装置(エコー装置)hitachi F37

超音波診断装置の写真

新形の超音波診断装置です。

泌尿器科専用診察台タケイ

泌尿器科診察台の写真

膀胱鏡で直接膀胱内を観察するとき使用します。

血液検査センターとの直通パソコン

血液検査センターとの直通パソコンの写真

患者さんの検査結果が迅速に送られてきます。

大腸CT用 炭酸ガス注入器

炭酸ガスを一定の圧力で制限しながら連続して注入することが出来ます。
注入した炭酸ガス量を表示します

大腸CT用自動炭酸ガス送気装置の写真
エニマCO2

大腸CT 撮影法
前処置
注腸検査時の前処置を基本に前日の検査食はエニマクリン食で水分量を少し減らした方法で実施しています。
検査方法
炭酸ガス注入時は左側臥位で800ml程度注入して仰臥位にして撮影します。
炭酸ガスの注入を止めて腹臥位にします。
胸とお尻の下にバスタオルを巻いて置きお腹を浮かすようにします。
炭酸ガスの注入を再開して撮影します。
利点
検査時間が短く苦痛も少ない。
検査自体が簡単で体の移動も少なく高齢者でも実施可能。
5mm以上のポリープの十分な診断能力。
2D画像で他の疾患も判別できる。
抗凝固剤の休薬が無用。
欠点
3D画像の作成が必要。
リアルタイムな検査ではない。
粘膜面の質的診断ができない。

大腸CTは誰でも簡単に撮影できるので大腸がん健診には最適な検査であると考えられる。大腸がん検診の検査陽性でありながら検査を受けていない人に勧めたい。

トップへ戻る